機材のご利用例

会議の内容や実施会場の環境、重要度、守秘性、発言者・参加者の使用言語などによって、使用する機材、運用方法が異なります。お客様のニーズに応じた様々なご提案が可能です。まずは、お問い合わせください。

シアター形式

イスのみを配置します。少人数の会議から大規模会議まで、様々な場面で使われます。

レイアウト使用例

記者会見、講演会、シンポジウム、入社式、イベントなど

参加人数の目安

30〜2000名程度

使用機材例

赤外線 同時通訳システム、フルサイズ通訳ブース、有線マイクロフォン、会場常設スピーカーシステム、プロジェクター&スクリーン

スクール形式

テーブルとイスを組み合わせて配置します。

レイアウト使用例

セミナー、講演会、国際会議、研修、社内会議など

参加人数の目安

15〜1500名程度

使用機材例

赤外線 同時通訳システム、フルサイズ通訳ブース、有線マイクロフォン、会議マイクシステム、会場常設スピーカーシステム、プロジェクター&スクリーン

コの字形式

テーブルとイスをコの字型に配置します。

レイアウト使用例

社内会議、国際会議など

参加人数の目安

6〜80名程度

発言者の多い会議、ディスカッションに適しています。

使用機材例

赤外線 同時通訳システム、ポータブル通訳ブース、会議マイクシステム、会場常設スピーカーシステム、プロジェクター&スクリーン

通訳機材に関するお問い合わせはこちら

株式会社 サイマル・テクニカルコミュニケーションズ

東京
FAX03-3544-3961
大阪
FAX06-6946-3964