ご利用の流れ

ご利用の流れをみる
step 1

お問い合わせ

会議・イベントの日時、参加人数、会場、開催内容などの情報を、お決まりの範囲内でお知らせください。

詳細がお決まりでない場合でも、お気軽にお問い合わせください。

資料請求、お見積り、その他お問い合わせは、お問い合わせフォームお電話より承ります。

step 2

ご提案・お見積り

会議の形態、規模、会場にあわせて最適な機材をご提案します。

機材のご提案

会議の形態、規模、会場、目的、設営時間などによって、必要な機材の内容は異なります。お客さまからいただいた情報をもとに、必要な機材の組み合わせをご提案します。

お見積り

ご提案内容をもとに、お見積書を作成します。

詳細がお決まりでない場合でも、概算でお見積り致します。

お見積りに必要な項目

  • 本番・設営の日時
  • 会場
  • 会議形式(シンポジウム、パネルディスカッション、講演会、記者会見、社内会議など)
  • 参加人数
  • 使用言語
  • 録音・音響・映像の有無
step 3

ご発注

正式発注は、お見積書をご確認いただいた後となります。

新規ご発注の場合は、弊社規定の書類にご記入いただきます。

設営開始時刻やブースの設置場所、受信機の配付方法など、

運用に必要な項目についてお客さまとご相談の上、決定します。

必要に応じて、現場の下見やお打ち合わせにエンジニアがお伺いします。

step 4

搬入・発送

ご依頼の機材を会場、またはお客様ご指定の場所へお届けします。

スムーズに搬入作業を行なうため、事前に搬入経路を確認します。

事前に搬入申請等必要な場合は、あらかじめご連絡下さい。

step 5

設営・運用・撤去

運用はエンジニアが搬入した機材を設置し、音声チェック、動作チェックを行ないます。

本番中はエンジニアが、通訳者、会議参加者が聞きやすいように音声の調整や、

録音作業などを行ない、会議進行がスムーズに進むようサポートします。

レンタルはお客様にて対応いただきます。

作業時間の目安(例:1ブース2カ国語、参加者100名の場合)

設営:約2時間~

撤去:約1時間半~

※参加人数、会場、使用言語数などによって作業時間は変更になります。

設営日について

開始時刻によっては、前日の設営が必要となります。

会場を手配される際にご注意ください。

step 6

搬出・返送

運用の場合、機材の撤去作業終了後、機材を車両にて搬出します。

レンタルの場合、ご使用後、指定日までに機材をご返却ください。

なお期日までにご返却されない場合は、延滞料を申し受ける場合がありますのでご了承ください。

通訳機材に関するお問い合わせはこちら

株式会社 サイマル・テクニカルコミュニケーションズ

東京
FAX03-3544-3961
大阪
FAX06-6946-3964