サイマルの専属通訳者、長井鞠子さんのインタビューがAP通信社からリリースされ、国内外多数のメディアで取り上げられました。 | お知らせ | 企業情報 | サイマル・インターナショナル

サイマルの専属通訳者、長井鞠子さんのインタビューがAP通信社からリリースされ、国内外多数のメディアで取り上げられました。

2018/07/31

「OLYMPICS/ Tokyo's 1964 Olympics echo through the city's 2020 games」

世界最大級の通信網を持つ国際通信社、THE ASSOCIATED PRESS(AP通信社)から、2020年東京五輪招致活動でも通訳を務めた、サイマルの専属通訳者長井鞠子さんのインタビューが配信され、ジャパンタイムズ他、国内外多数のメディアに取り上げられました。

"one of Japan's best-known interpreters"として活躍する長井さんのキャリアは、学生アルバイト通訳として64年五輪にかかわった経験がきっかけだったことや、当時支給された制服の一部(五輪ジャケット)の写真などが紹介されています。

インタビューはAP通信社のウェブサイトでも閲覧できます。

<国立代々木競技場を臨む、日本オリンピック協会のビル屋上にてインタビューを受ける長井さん>