「64年東京、20年東京招致も通訳として活躍の長井鞠子さん」読売新聞五輪特集「1964-2020 TOKYO再び」に、サイマルの専属通訳者長井鞠子さんのインタビューが掲載されました。(7/21 読売新聞朝刊1面・21面) | お知らせ | 企業情報 | サイマル・インターナショナル

「64年東京、20年東京招致も通訳として活躍の長井鞠子さん」読売新聞五輪特集「1964-2020 TOKYO再び」に、サイマルの専属通訳者長井鞠子さんのインタビューが掲載されました。(7/21 読売新聞朝刊1面・21面)

2017/07/31

サイマルの専属通訳者長井鞠子さんのインタビューが、読売新聞特集記事「1964-2020 TOKYO再び」に掲載されました。

1964年東京、1998年長野、2020年東京大会招致活動でも通訳を務めた長井さんの「五輪は魔法を持っている」という思い、20年東京大会へ寄せる「復興」への期待などが紹介されています。

この記事は読売新聞社の承諾を得て掲載しています。無断で転載することは禁止されています。